遺言書と相続手続きの流れ

家族、親族で不幸があり相続が発生した時にはどうしたらいいのでしょうか。故人が前もって遺言書を用意してあったり、後々遺言書が見つかったという時には基本的には遺言書通りに遺産を分割するということになります。
相続手続きは遺言書の種類によって変わります。故人がご自分で自筆で書かれたものは「自筆証書遺言」、公証人立会いのもとで書かれたものは「公正証書遺言」といいます。自筆証書遺言の場合には相続人が勝手に開封して読むことはできず、家庭裁判所で検認を受けた上で開封することになっています。反対に公正証書遺言は、その場で開封することができるので、すぐに遺産の分割を行うことができます。
遺産の分割を行う時には遺言執行者を決める必要があります。遺言書に書かれていた場合にはその人、書かれていなければ複数の相続人で執行することもできますし、相続人間での協議の上決めることもできます。また、遺言執行者は家族の中の1人でもいいですが、行政書士など法律のプロに依頼することもできます。遺言を執行する為には銀行だけでなく不動産の名義変更など様々なことをしなければならず、また遺言執行者は相続した遺産全ての管理や分割するための行為の権限を持たなければならず責任が重大で負担も大きいので専門家に依頼してスムーズな遺産分割を行うのが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。