遺言執行者と相続人が複数人いる場合の対処方法

 

故人の遺言書に書かれていることがらを実現するための法律行為やその他の行為をすることを遺言の執行といい、そのような行為をする人のことを遺言執行者といいます。
原則として遺言書のなかで特定の人を指定しておきますが、遺言をしたときに適切な人が見当たらない場合には、信頼できる第三者に対し、その指定を委託することもできるようになっています。利害関係人の申立てによって、家庭裁判所に選任してもらう場合もあります。
遺言執行者は必ずしも法律上の知識がある弁護士などを指定するのではなく、相続人を指定してもよいことになっており、しかも一人だけではなく、複数人でもよいことになっています。
ただし、実際問題として、相続人が複数人いるような場合には、お互いの利害関係が対立するのが常であり、そのなかから一人の相続人を遺言執行者として指定してしまうと、余計に混乱のもととなってしまいます。このような場合については、あらかじめ遺言執行者には弁護士などの第三者を立てるのが無難な選択であるといえます。
なお、このように遺言執行者が置かれている場合について、相続人が遺言の内容を実現するのを妨げるような行為をしたときには、その行為は無効となります。

 

コメントは受け付けていません。