相続の権利について

 

相続は一般的に民法に則って行われます。相続の権利の範囲は、第1順位が配偶者と直系卑属、第2順位が配偶者と直系尊属、第3順位が配偶者と兄弟姉妹となります。民法に則った相続では、前の順位の者を飛び越えて次の順位の者が相続の権利をもつことはできません。そのため例えば、兄弟姉妹に財産を残したいケースでも、子供がいる場合は子供と配偶者に財産は相続されます。上の順位の者が無い場合や亡くなっている場合、相続放棄をした場合に、次の順位の者は相続の権利を得ることができます。このように法的に故人が残した遺言書などがない場合は、民法上の相続によって財産は相続されます。一方、故人の意思で生前、誰にどのくらい財産を相続するかを書き記した公正証書など法的に有効な遺言書が残されていた場合、まずは故人の意思が最優先され、遺言書による相続がなされます。故人の意思に基づいて指定を受けた相続人が財産を相続します。全て指定を受けた相続人が相続することも可能ですが、第1順位の直系尊属と第2順位の直系尊属は遺留分を請求することができます。直系尊属のみが相続人の場合は指定された相続人の3分の1、それ以外の相続人の場合は指定された相続人の2分の1の割合を遺留分として請求することができます。

 

コメントは受け付けていません。