未成年者とその手続きについて

被相続人が亡くなった後で、その人が遺してくれた財産を、誰に対して、どれくらい分配するのかを話し合いで決める手続きが「遺産分割協議」と呼ばれるものです。この「遺産分割協議」は、原則として相続人となっている人全員が参加し、話し合った内容について同意をする必要があります。
ところが、相続人が未成年者である場合には、この協議に参加する資格がないため、通常はその親権者が法定代理人として協議に参加し、遺産分割に関する同意を行うことになります。
ただし、該当の未成年者の法定代理人である親権者自身もまた相続人としての立場である場合には、親権者自身と未成年者との利害関係が対立することがあるため、法定代理人である親権者が、自己に有利な主張を展開してしまわないとも限りません。
このような特殊な場合については、親権者が家庭裁判所に対して申請を行い、「特別代理人」を選任してもらう手続きをする必要があります。
この「特別代理人」としての要件は、相続権がないことですので、例えば相続権をもたない遠い親戚の人などを未成年者のかわりとして選任することが可能ですが、一般的には、法律の専門知識があり、しかも純然たる第三者である弁護士などにまかせることが多いといえます。

コメントは受け付けていません。